賃貸VS持ち家 | リトルリッチへの道

賃貸VS持ち家

お得情報

一生賃貸に住むか、住宅を買うか。このことでお悩みの方は少なくありません。
賃貸物件で暮らす方が持ち家を購入して移り住むと、毎月の家賃の支払いはなくなります。
その代わり、住宅ローンを利用して購入した方にはローンの返済が毎月生じます。

「だったら、賃貸に住み続けた方がお得では?」と思われている方も少なくないでしょう。
賃貸と持ち家、トータルコストで比べるとどちらが安くなるのでしょうか。
それぞれに住み続けるメリット・デメリットを比較します。

住まいの選択肢:賃貸の場合のメリット・デメリット

賃貸のメリット

賃貸アパート・マンションで暮らすメリットの一つが、「住む場所を選べること」です。

たとえば、家族構成が変わり部屋が狭くなったら広い賃貸物件に移り住めば解決しますし、逆に子どもが独立して部屋が広くなったと感じればコンパクトな物件に移り住めば良いわけです。
近隣に高い建物ができるなど日当りや風通しが悪くなったとき、あるいは隣家とトラブルが生じたときも、引っ越せば問題は解決します。

また、「家賃以外のランニングコストを抑えられる」こともメリットでしょう。
エアコンや給湯器などの設備が故障しても、修理代などの費用は原則オーナー負担。住んでいる人に請求されることはほぼありません。
固定資産税や火災保険(家財を除く)などの支払もオーナーが支払います。

賃貸のデメリット

一方のデメリットは、「家賃を半永久に払い続けること」。
住宅ローンは完済すれば支払う必要がなくなりますが、賃貸物件の家賃に“完済”はありません。
そこに住み続ける限り、家賃の支払いも続くのです。

また、賃貸物件の持ち主はオーナーです。
オーナーに無断で「リフォームなどの改築はできない」ことも賃貸のデメリット。
部屋の壁紙を変えたり、設備を新しいものに取り換えたりといったことも、オーナーの承諾がなければ一切認められません。
そればかりか、勝手に変更すると退去時に原状回復費を請求されます。
いくら家賃を支払っても、物件が住む人の資産になることはないのも賃貸のデメリットでしょう。

住まいの選択肢:持ち家の場合のメリット・デメリット

持ち家のメリット

持ち家のオーナーは、当然その家に住む人です。
誰の許可を得ることなく「自由に改築できる」ことが、持ち家で暮らす一つ目のメリットです。

壁紙や設備の変更はもちろん、間取りを変えたり、外観デザインを変えたりするのも住んでいる方の自由。
家族構成やライフスタイル、趣味などに合わせてリフォームなどの改築ができます。

こうしたリフォームにかかる費用も視野に入れて資産管理をしていれば、「将来的な経済負担を抑えられる」ことも、持ち家のメリットでしょう。

ローンが完済すれば、毎月の支払いはなくなります。
定年後、年金暮らしになっても毎月の家賃支払いが続く生活と比べれば経済的負担を抑えられますから、セカンドライフを安心して過ごせるでしょう。

持ち家のデメリット

持ち家のデメリットは、手に入れるまでの「初期投資費用が高い」こと。

住宅ローンを利用するとはいえ、数百万円の頭金を用意する必要があります。
なお、最近は頭金がなくても借り入れできる住宅ローンも登場していますが、諸費用まで借り入れできる商品は少なく、この分は用意する必要があります。

また、「ランニングコストも自己負担」である点も、持ち家のデメリット。
自由に改築・改装はできても、その費用は自己負担。
エアコンや給湯器の交換も自分で支払うことになります。その他、固定資産税や火災保険などの支払いも自己負担です。

一生賃貸に住む場合かかる金額はいくら?

賃貸で一生暮らすといっても、同じ物件に暮らし続ける方は現実的に少ないでしょう。
家族構成などの変化で移り住んだり、物件の老朽化で退去せざるを得なかったりと、いろいろな事情があるからです。

そこで、賃貸で一生暮らす方は、以下のタイミングで3回引っ越すと仮定します。

・<1回目の引っ越し>30歳(子どもが3歳のとき)
・<2回目の引っ越し>40歳(子どもが中学校に入学するタイミング)
・<3回目の引っ越し>55歳(子どもが結婚して独立するタイミング)

次に、賃貸物件の間取りは3LDKタイプの物件とします。

家賃は、大手ポータルサイト(スーモ・アットホーム・ホームズ)で調べた岐阜市の新築物件の平均額(3LDKタイプは8万2,500円)を使用。
管理費は月額3,000円とします。

なお、入居時には敷金・礼金・仲介手数料として家賃の3ヵ月分、さらに更新料が2年に1度、家賃1ヵ月分がかかるとします。

この条件で、50年間賃貸に住み続けた場合、住宅コストのトータルは以下のようになります。

・家賃:4,950万円
・管理費:180万円
・敷金・礼金等:74.25万円
・更新料:189.75万円

賃貸のトータル費用:5,394万円

なお、物件によっては別途駐車場代がかかります。
また、引越し代や家財の火災保険料などもかかります。

持ち家(戸建て)購入で一生にかかる金額はいくら?

持ち家のケースは、2,500万円の家(土地代込み)を住宅ローンで購入した場合で考えてみましょう。
なお、頭金は総額の2割に相当する500万円を用意。
住宅ローンの借入額を2,000万円とします。

住宅ローンはフラット35を利用(返済期間35年)。
金利1.21%で計算

住宅ローンの手数料や登記費用などの諸費用は、物件価格の5%程度(125万円)です。
また、不動産取得税が入居初年度に、固定資産税が毎年かかることもふまえます。

さらに将来のリフォームも考慮し、住宅ローンの支払いを終える35年目に500万円のリフォームを行うほか、外壁塗装、エアコンや給湯器などの設備交換のコストがトータル300万円かかるとします。

この条件で、持ち家で暮らす50年間の住宅コストは、以下の通りです。

・頭金:500万円
・住宅ローン返済額:2,455万円
・諸費用:125万円
・不動産取得税:30万円
・固定資産税:400万円(年8万円)
・火災保険:50万円(10年で10万円)
・修繕・リフォーム:800万円

持ち家のトータル費用:4,360万円

賃貸と比べて、持ち家の方が約1,000万円もトータルコストを抑えられることがわかります。
ちなみに、住宅ローンの月々返済額は約5万9,000円で、賃貸物件の家賃よりも安くなります。

年代別に見る賃貸と持ち家のおすすめ度

賃貸で暮らすより、早々に住宅ローンを利用して一戸建てを買った方がお得だ、と思われた方もいらっしゃるかもしれませんが、住宅ローンは勤続年数が短い方など一定の条件を満たさなければ借り入れしにくい仕組になっています。

賃貸で暮らすか、持ち家を購入するか、それぞれのポイントは年代によっても異なるのです。

20代の場合

住宅ローンの審査では、勤続3年以上を条件とする金融機関が多くみられます。
働き始めたばかりの方は、同じ会社で3年以上働くまでは賃貸で我慢しましょう。

また、20代の方は転勤や転職など、ライフスタイルが変化しやすいことも特筆すべきポイント。結婚して落ち着くまでは賃貸の方が暮らしかもしれません。

もちろん、20代でも家を購入する方はたくさんいらっしゃいます。
返済期間を長く設定できるので、月々の返済額を抑えることも20代で家を建てるメリットです。

30代の場合

子どもも成長して手狭に感じたり、騒音など隣人への配慮が気になったりと、そろそろ持ち家を検討したい年代でしょう。
土地から探す場合は、保育園や学校などに通いやすいところを選ぶ方も少なくありません。
通勤の便もふまえて、好立地の土地を探しましょう。

また、子ども成長に合わせて教育費も増えてきます。
住宅ローンの返済が重荷にならないよう(賃貸の方は家賃の支払いが多くならないよう)、余裕のある資金計画を立てることも大切です。

40代の場合

子どもが小さい家庭であれば、成長しても手狭に感じない広々とした家を検討したいところです。
一方、高校生くらいの子どもがいる家庭であれば、数年で独立することも考えられます。

子どもを中心に考える家よりも、夫婦二人で過ごすための家を検討するのも良いでしょう。
大学進学や就職など、子どもが独立するタイミングで家を購入するのも一手です。

40代になると、住宅ローンの借入期間が短くなるため、月々の返済額負担が重くなる可能性があります。借入額を減らすなど、無理のない返済プランを検討しましょう。

50代の場合

子どもが独立したら、夫婦だけのライフプランにあわせて家づくりや賃貸物件選びができます。
この年代で家を購入する場合、借り入れできる住宅ローンが限られることもあります。
頭金を多く用意するか、退職金などを使ってキャッシュで購入するのも一手です。

また、持ち家でも賃貸でも、バリアフリーの観点から住まいを検討しましょう。
歳を重ねると階段の上り下りが辛くなってきますし、ちょっとした段差で思わぬケガをすることもありますので、悠々自適な生活ができるような住まいを探しましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました